前へ
次へ

引き戸は居室などの空間を有効利用しやすい

住宅を作る時には各部屋の扉をどうするかを決める必要があります。
比較的コストが安く簡単に取り付けられるのが開き戸になるでしょう。
手前や奥に引くことで出入りができるようになります。
扉を閉めておけば居室の空間をすべて使えますが、基本的に扉が動く部分には物を置くことができません。
居室においては人が生活するだけでなくそれなりに物を置くこともあります。
開き戸で扉が動く部分に物を置くと開閉の度に物を動かしたり、時には開かなくなるときもあります。
また急に開閉をすると扉の向こうにいる人にぶつかるなどの問題もあるので、より使いやすい扉を検討すると良い時もあります。
開き戸でない扉として引き戸があり、こちらは左右などに引いて扉を開閉します。
壁に扉を収納する部分を確保するので多少工事費などがかかります。
しかし開き戸のように物を置くスペースが減るなどはありません。
急に開いたとしても誰かに当たる心配もありません。
バリアフリーに置いても引き戸の方が良いと言えるでしょう。

Page Top