前へ
次へ

不動産屋のみならず様々な士業で物件を扱う

不動産の相続問題、例えば、共有関係の解消が整わない場合、共有特分の買取業者への譲渡というような手段であったり、共有物分割訴訟という手段もあるようです。
ちなみに、国内弁護士が行う業務の中で、必ず扱うのが不動産の明け渡し案件なのだそうです。
もっとも多いパターンが、家賃が支払えなくなったり、貸し手が、しかも建物から出て行ってくれないために弁護士に相談して退去を促すこともあるようです。
大抵は、弁護士の前に、不動産屋やオーナー、地主との和解での解決を目指し、それでも困難であれば、強制執行というケースもあるようですが、これはマレな事情です。
裁判では、現物分割のみならず、売却した代金を分配する不動産競売であったり、価格賠償による分割などの判断がなされています。
1人の所有物として、ほかの共有者には金銭が支払われるのが価格賠償で、この場合には譲渡所得の課税関係も生じるために、不動産業には弁護士や税理士といった士業の方々が不動産屋と提携を結んで、相談に応えています。

Page Top