前へ
次へ

耐震診断員にはどんな人がなれるのか

旧い建物に住んでいる人だけでなく、新たに中古住宅を購入しようとする人も建物の耐震性が気になるでしょう。
新築の建物は新しい建築基準法に基づいて建てられていて、建てられた後に検査などを受けて問題がないとして販売されています。
しかし古い住宅や中古物件はいつ建てられたかで適用される法律が変わります。
住宅の耐震性を知りたいときには、耐震診断員と呼ばれる人に耐震診断をしてもらうと良いでしょう。
市などに依頼をすると派遣をしてもらえることがあり、現在の建物の状況を調べた上で分かりやすい書類を作成してくれます。
診断を受けた結果により補修が必要か売買に問題がないかなどが分かるでしょう。
では耐震診断員にはどんな人がなれるかですが、全くの素人がおうぼしてなれるわけではありません。
条件としては建築士の資格を持っている必要があり、その上で一定の講習などを受けて認定されなければいけません。
認定を受けると市などが必要に応じて派遣をしてくれます。
必要に応じて耐震診断をしていきます。

Page Top